トレード回数を減らすためにFXのトレード手法を見直す

トレード手法 FX

 2022年9月16万円を溶かしてしまった。これは2022年1月から1万円チャレンジでコツコツ貯めてきたものです。

それまでは堅実に(運やラッキーなこともありましたが)やってきたのですが、欲をかいていしまいいつもやらないところでトレードをしてしまった。

これを機に今一度自分のトレード手法を見直して再度相場に入りたいと思います。

ダウ理論とグランビルの法則とMFT

 私はエントリー回数を減らすために

  • ダウ理論の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」
  • グランビルの法則 SMA100利用 買い② 売り②
  • MTF(マルチフレームタイム)
  • ※半値戻し

を使用してトレードしたいと思います。

画像元:GEMFOREX

 今まではダウ理論と移動平均線SMA20 50 100を使用してトレードしてきましたがエントリーポイントが多すぎていちいち確認することが多く、また「4時間足のSMA20に反発するだろう」でポチってしまうことが多かったです。

 この方法で1万円から16万円まで増やせることができましたが、結果欲が出ててしまったということですべて溶かしてしまいました。なのでエントリー回数を減らすため、また勝率を上げるためこの手法でいきたいと考えました。

使用する時間軸

 まずは週足と日足で方向性を確認。基本トレンドになっている通貨ペアを選ぶ。

そして日足、4時間足を軸に1時間足もしくは15分足でエントリーをする。

理想のチャート

日足で流れを確認

日足、4時間足は下降トレンドですね。

 しかし1時間足ではダウ理論の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」で転換の可能性が出てきた。1時間足明確な転換シグナルがでたときは経験上伸びやすい。

 全体の流れは下降トレンドですが少し戻す感じかもしれません。なので買いエントリーを狙うとします。

  • 1時間足の戻り高値
  • SMA100 買いの②
  • 半値戻し

という条件がそろっています。ですがここで押し目買いだと言って飛び乗っては今までと同じです。マルチフレームタイムで確認する必要があります。

 15分足と5分足を比べてみましょう。そうすると5分足の方がチャート見やすいですよね。なので今回は5分足を使ってみます。

15分足
5分足

5分足で転換したのでSMA100を一度抜いて戻ってきたところで無条件でエントリーですね。損切りは【0.9633】あたり。利確は安全にいくなら【0.97400】あたりでいいかと思います。 

 その後大きく上げてもう一度下げてSMA100に付近にきて上昇しています。この辺りは検証する余地があるなぁと考えています。

さらにその後(同日)

というかんじなっております。

このことからわかることは、エントリーよりイグジット(出口)の方が難しいということです。

「あ~もう少し伸ばせたのに」と思うかもしれません。

利確位置を欲張ってエントリーの位置まで戻ってきたら「欲張らずに利確すればよかった」と思うかもしれません。

なので本当に難しいのは「イグジット」ということを頭に入れてトレードをした方がいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました